» 在庫管理×需要予測  組み合わせで新たなサービスを発掘!

バーコードの在庫管理システムならインターストック

フリーダイヤル0120125308

ttl_column

在庫管理×需要予測  組み合わせで新たなサービスを発掘!

需要予測と発注管理の関連性をご紹介していきます。

従来の定期発注・定量発注だけでは、需要動向にあわせた適正な在庫数の確保は困難であり、また現場や倉庫などを確認し、人手を介するため作業コストが発生します。
在庫の適正化のためには、販売実績・出荷実績に基づいて個々の商品ごと・商品カテゴリーごとに需要の動きを把握し、必要な商品を必要なだけ確保できるようにする活動が重要となります。現在では需要予測と自動発注を組み合わせたソリューションも登場しているということです。

発注業務における需要の予測、在庫の把握、発注量の決定といった煩雑な作業を強力にサポートし効率化を目的としています。
需要予測は分析エンジンとして単体での導入も可能です。
例えば、医薬品の場合だと季節により流行があるかと思いますが時期などの過去の売上情報をもとに風薬がどれだけ出るだろうといった分析も可能です。ただ、せっかくなので在庫管理系のソリューションと組み合わせることでどのような業務の構築ができるかも紹介します。

例えば弊社の需要予測パッケージ「I-scope」と倉庫・在庫管理パッケージ「インターストック2」を組み合わせた発注・在庫管理をすることで、どの商品・製品にどれほどの需要があるのか。

業務担当者の勘に頼らない発注方式と入出荷検品、在庫分析などを組み合わせることで作業精度向上と、品目ごとの粗利益率や回転率をもとに、多方面から商品の売れ筋や死筋の判断。需要だけでなく在庫の動きまで予測できるようなソリューション構築が可能です。

また発注に関する現場への確認作業や発注が必要な品目のリストアップなどの撤廃により人的コストも削減できるというところで企業によっては、かなり費用対効果が期待できます。

業務の仕組みを構築しようにもどこから手を付ければいいかわからないといった方にも問題なく実現できるソリューションとなっています。

需要予測と在庫管理など、複数ソリューションの組み合わせにより様々なお客様の業務のご支援、改善ができるサービスなども考えています。

今後もソリューションの組み合わせなどのご紹介もしますので物流の業界情報と合わせて今後もご拝読のほど宜しくお願いします。