» 物流を支えるドライバー不足によって日本の発展に陰りが・・・

バーコードの在庫管理システムならインターストック

フリーダイヤル0120125308

ttl_column

物流を支えるドライバー不足によって日本の発展に陰りが・・・

物流業界の慢性的な人手不足問題についてクローズアップしていきます。

物流業界においては、「売り手市場」とも言われている現在の人材不足ですが、一体何が原因で人材不足が顕著に問題視されるようになったのでしょうか

原因としては、過去に様々な積み重ねで根付いてきたドライバーの労働環境の厳しさにあると思います。
長時間、常に交通事故の危険性を回避し続けなければならないストレスがかかる環境。

低賃金で過酷な労働条件などに加えて、クルマ離れが若者の間で上昇傾向にあるということも拍車をかけている原因の一つでドライバーのなり手が少なくなり、今後も不足していく一方になります。
外国人ドライバーの増加などで、一時的にドライバー不足の問題は改善されていくとは思いますが根本的な解決に繋げるのは難しいはずです。
新しいドライバーのなり手を増やすためには、時間をかけて労働環境の改善を進めなりたいと思ってもらうイメージを作るほかありません。
賃金アップから長時間労働の改善など、条件から改正を行っていきドライバーのイメージアップを図ります。

また長時間労働の改善も単純に運転時間を短くなるように設定するだけではなく、積み込みの際に品物の出荷準備遅れや、荷卸し時の順番待ちなどの待ち時間の改善も必要になります。

ただ、現状としては積み込みや荷卸しの時間指定に送れると荷主からの厳しいペナルティがあるため労働時間が長くなろうとも、必要以上に余裕を持った運行が必要ならざるを得ないというパターンもある。

この改善には、やはり荷主の協力も必要もなるのでコンプライアンス遵守という点を荷主に納得してもらうまで各事業者が説明し、業界全体に浸透させることで業界の常識を変えるというのが一つのゴールになると思うので、ご覧いただいている方もこのコラムを見て、日本の物流を支えているドライバーの方のために少しでもご理解いただけたればと思います。