» OCRについて

バーコードの在庫管理システムならインターストック

フリーダイヤル0120125308

バーコード化されにくい日付データをハンディーターミナルで認識可能。目視不要の高速スキャンで賞味期限チェックによる先入れ先出しを実現。

目視や手入力不要で、文字を読み取るだけでバーコード付きのラベルまで発行。簡単・低コストでバーコードの導入ができます。

かんばんのQRコードと文字が照合可能。
新たにバーコードを発行する手間や、目視によるポカミスチェック工数が大幅に削減できます。

GS1-RSSコードだけでなく。コード化されていない使用期限、製造番号も入力可能。目視検査のダブルチェックが不要になります。

バーコードがなくても、文字のままスキャン。パソコンへラクラク転送可能。タイプミス撲滅と。手作業不要で大幅な工数削減を実現します。

以上の2つのメリットを併せ持つので、「入力は簡単にしたいが、人間の目でも確認をしたい!」というご要望を満たす事ができます。

OCRとは、紙に印字された文字を光学的に読み取り、前もって記憶されたパターンとの照合により文字を特定し、文字データを入力する装置のことです。

こんな作業で、文字を手書きやキーボードで入力する面倒な作業から開放されます。