» 物流・在庫水準無料診断

バーコードの在庫管理システムならインターストック

フリーダイヤル0120125308

御社の物流・在庫管理改善ポイントが5分で分かる!
「物流・在庫水準分析レポート」
無料で作成いたします!
簡単なアンケートにお答え頂くだけで御社の弱点や
改善ポイントが一目で分かる魔法のレポートです!
わが社の在庫水準は?
業界平均と比べてどうなの?
重点改善ポイントは?
そんな社長が気になる自社の課題・・
ズバッとお教えします。
本チェックシートは自社の物流サービスレベル、在庫最適化レベルを把握して頂くためのものです。
チェックシートにご記入頂くと、サービスレベル分析、他社平均値との比較チャートを作成いたします。
作業効率 作業分析 ワークプロセス(作業項目)毎の工数を把握し、分析を行い改善策を実施している。  いいえ どちらでもない はい
場内の作業者御動線や歩数を把握し、分析を行い改善策を実施している。  いいえ どちらでもない はい
作業動線 入出庫回転率を考慮し、適切なロケーションを設定している。  いいえ どちらでもない はい
在庫回転率を正確に把握し、改善策を実施している。  いいえ どちらでもない はい
物流管理 誤出荷

(誤入荷)
誤出荷(誤入荷)件数を正確に把握し、改善策を実施している。  いいえ どちらでもない はい
入出荷・棚卸作業等でハンディーターミナルを利用している。  いいえ どちらでもない はい
欠品管理 発注点や適正在庫数による在庫管理により欠品はゼロに近い。  いいえ どちらでもない はい
欠品件数を正確に把握し、改善策を実施している。  いいえ どちらでもない はい
納期遵守 納品遵守率を正確に把握し、改善策を実施している。  いいえ どちらでもない はい
納期遅れはゼロに近い。  いいえ どちらでもない はい
在庫管理 棚卸差異 棚卸の在庫差異数を正確に把握し、改善策を実施している。  いいえ どちらでもない はい
棚卸の在庫差異数はゼロに近い。  いいえ どちらでもない はい
棚卸の目的を明確に認識し、一斉・巡回・時棚卸法を適宜使い分けしている。  いいえ どちらでもない はい
棚卸効率 棚卸帳票が標準化され使用されている。  いいえ どちらでもない はい
棚卸の作業計画(手順)は詳細に作成されている。  いいえ どちらでもない はい
棚卸実施前に過去事例(失敗原因等)を担当者全員で共有出来ている。  いいえ どちらでもない はい
実棚卸値と理論値に乖離がある場合には、当日中に原因が解明が可能である。  いいえ どちらでもない はい
棚卸作業はその日に終わり、集計、システムへの反映も全て1日で完了する。  いいえ どちらでもない はい
在庫管理 調達リードタイムの短縮で安全在庫数を削減している。(改善策を実施している。)  いいえ どちらでもない はい
端数・返品・古い在庫の処理方法はルール化の上、実施が徹底されている。  いいえ どちらでもない はい
在庫品の管理責任者は明確になっている。  いいえ どちらでもない はい
荷姿による分類を行い、適切なロケーションを設定している。  いいえ どちらでもない はい
陳腐化度合を考慮して、適切なロケーションを設定している。  いいえ どちらでもない はい
生産管理はシステム化されており、在庫は適正数で廃棄ロスもゼロに近い。  いいえ どちらでもない はい
システム改善 在庫分析 常備的で季節変動や傾向変動が少ない物品を、正確に把握している。  いいえ どちらでもない はい
在庫をアイテム毎にランク分けし、発注方法や保管方法を変更している。  いいえ どちらでもない はい
先入先出の物品は十分精査されており、倉庫スペースを有効利用できている。  いいえ どちらでもない はい
材料の共通化で在庫品数を削減している。(改善策を実施している。)  いいえ どちらでもない はい
環境改善 環境改善 5S、6S活動について定期的にチェックし、活動を徹底させている。  いいえ どちらでもない はい
入出庫作業が安全/容易に出来る、適切なロケーション(高さ/重さ等)を設定している。  いいえ どちらでもない はい
倉庫(作業場)の照明は作業が安全かつ容易に出来る、適切な設定をしている。  いいえ どちらでもない はい
製造・物流・販売部門間のコミュニケーションは適切に行われている。  いいえ どちらでもない はい
コスト改善 物流コスト 物流コストについて正確に把握し、改善策を実施している。  いいえ どちらでもない はい
発注単位はルールに基づいて適切に運用されている。(ケース単位での発注等)  いいえ どちらでもない はい
突発的に受注が急増した場合の対応策は想定の上、手順化されている。  いいえ どちらでもない はい
物流センター内において以下項目を把握し改善している。

※人件費(パート・正社員)/家賃/資材/設備機器

※輸送・配送費(外注費用+輸送費用)

※アイテム別での保管費用(出荷費用÷出荷量)と利益貢献アイテムの把握

※環境別での保管費用(常温、冷蔵、冷凍等)
 いいえ どちらでもない はい
生産コスト 生産ロットの適正化により生産性の向上が図られている。  いいえ どちらでもない はい
材料単価を下げる施策が実施され日々改善されている。(発注数量等)  いいえ どちらでもない はい
材料単価騰貴の予防処置を策定している。  いいえ どちらでもない はい
在庫コスト 常備在庫で金額の高い材料は定期発注方式を採用している。  いいえ どちらでもない はい
常備在庫で金額の安い材料は定量発注方式をとっている。  いいえ どちらでもない はい
常備在庫の定義が明確化されている。(容積/使用量/低単価/陳腐化等)  いいえ どちらでもない はい
需要予測に関しては正確に把握し、改善策を実施している。  いいえ どちらでもない はい
不良在庫を正確に把握し、改善策を実施している。

(不良在庫に関しては随時適正に処理されている。)
 いいえ どちらでもない はい
貴社名 (必須)
業 種
記入日
記入者様 (必須)
電話番号
メールアドレス (必須)

※入力例 aaa@aaaa.aa.jp(半角英数字)
備考

上記、お客様の個人情報につきましては、お客様のお問い合わせへのご回答にのみ使用させていただきます。
なお、詳しくはプライバシーポリシーをご確認ください。