枯渇する物流業界の労働資源。
ITのチカラで支援します。 輸快通快

輸快通快とは?

無駄な運賃・輸送・作業を削減出来る
『配車レコメンドシステム』です。

  • 従来の荷造作業
  • 輸快通快
資料を請求する フロー
  • 最安値の運送会社を自動選択
  • 最安値の荷造りを自動指示
  • 全国の運送会社と繋がる
  • 運賃データを一元管理

輸快通快はITの力で全く新しいロジスティクスを提案します。

煩雑な運送会社別の配送管理を効率化

当日の出荷指示データを分析し、最も効率の良い荷造指示、
最も運賃の安価な運送会社を自動指示します。

輸快通快は各運送会社の出荷情報をすべて一元管理することで、
煩雑な運送会社別の配送管理を効率化します。

輸快通快はITの力で全く新しいロジスティクスを提案

当日の出荷指示データを取り込むと、運送会社ごとにどのサイズをいくつ、
どの地域に配送手配するか自動で集計します。

輸快通快とは?

物流工程の中で荷造り作業は最も煩雑で手間のかかる作業の一つです。適当なサイズの梱包資材を探す作業、最も安い運送会社を選択する作業、各運送会社毎に送り状を発行する作業など煩雑な上に経験と勘がものを言う作業が多く、現場担当者の判断によって個口数や運賃に大きなバラつきが生じる作業です。
こうした課題をITで解決するべく、荷造り作業の最適化を支援するシステムを開発しました。

荷造り時によくあるお悩み&課題

  • 1
    各運送会社ごとに異なるシステムにデータを取り込んで送り状を発行するのが面倒…
  • 2
    発送先住所と個口数と重量で最も安い運送会社を選択する作業に時間がかかっている…
  • 3
    利用する運送会社を納品先マスタと関連付けして自動選択しているので、無駄な運賃が発生する…
  • 4
    荷造りする際、人の勘でダンボールのサイズを決定している為、個口数が増えてしまったり、1サイズ大きなダンボールを選択して無駄な運賃が発生している…
  • 5
    各物流拠点毎に運送会社のデータがバラバラになってしまっている。運賃データの一元管理が行えず困っている…
  • 6
    受注データと送り状の送り状NOが紐着かない為、お客様の配送状況問い合わせに対して、スピーディな回答が出来ない…

経験と勘による荷造り作業は、
沢山の無駄な作業と無駄な運賃を生んできました…

輸快通快なら一元管理

これまでは不可能だった各運送会社の運賃データを一元管理 輸快通快なら一元管理

これまで

  • 各社の送り状システムでバラバラ
  • 運賃管理もバラバラ
  • 荷物No(送状No)から受注データを検索出来ない。または受注データから荷物Noを検索出来ない。

輸快通快

  • 送り状発行を一元管理
  • 各社の運送会社とEDI連携
  • 受注データと荷物Noが紐着くことで、得意先毎、商品毎の輸送コスト分析が可能に。

最も運賃の安い運送会社を自動選択

最も運賃の安い運送会社を自動選択

これまで

  • 各運送会社の運賃が頻繁に変更になる為、受注データ毎に最安値の運賃を選択不可能。
  • 荷造りが終わった後に、運送会社を変更する作業が大変

輸快通快

  • 納品先住所、個口数、重量で最安値の運送会社を自動選択

最適な荷造りを自動指示

最安値の荷造りを自動指示、物流コストを下げる 最適な荷造りを自動指示

人の勘で複数商品を梱包する場合、間違いなく梱包できるダンボールが選択される為、一回り大きな段ボール箱が選択され、配送料金も高くなってしまいます。 1サイズあがるだけで100円/件近い配送料金が加算される為、出荷量の多い物流現場では、物流コストに格段の差が生じます。

これまで

  • 荷造り作業が作業者の経験と勘に頼っているため、個口数が増えて無駄な運賃が発生している
  • サイズの合ったダンボールを探す作業に時間がかかっている
  • 荷造りのやり直しが発生している

輸快通快

  • 運賃が最も安くなる最適な荷造り指示を自動作成。
  • ダンボールを探す作業、荷造りのやり直しは一切無し。

運送会社にも沢山のメリット

最適な荷造りを自動指示

これまで

  • 荷主の物量が現地に到着しないと分からない為、最適な配送計画が立てれない。
  • 現地に到着して荷主の物量がいつもより多く、乗り切らない為に応援車を緊急手配…
  • 大手運送会社に荷物が集中し、地方のローカル便には荷物が回ってこない。
  • 小口ユーザーにまでなかなかEDI化が図れない。

輸快通快

  • 荷主の注文データが確定するAMのタイミングで送り先地域、サイズ、個口数の配送手配データをデータ提供可能。
  • 地方のローカル便に荷主の受注データが自動割り当て。
  • これまで行き渡らなかった小口ユーザーもEDI化で営業所の事務作業の低減

お電話でのお問い合わせ

株式会社オンザリンクス

0120-125-308

9:30〜12:00/13:00〜17:00(土日祝を除く/携帯電話不可)

メールフォームでのお問い合わせ

業務・製品に精通した弊社専門スタッフが、Eメールかお電話どちらかご希望の方法でご相談にお応えいたします。まずはご相談予約フォームからお問い合わせ内容をご連絡ください。

メールフォームでのお問い合わせ
御社名必須
住所
担当者名必須
電話番号(半角数字)
E-mail(半角英数)必須
E-mail確認用(半角英数)必須
  • googleplus
  • はてなブックマーク
  • LINE