Inter-Stock

フリーダイヤル0120125308

電子部品製造業の方のための在庫管理システム
インターストック INTER-STOCK

こんなお悩みや困ったことありませんか?

材料のエイジング管理(在庫年齢)が必要となる場合がある。
例えば材料を受け入れて60日経過すると資産となるような場合。この場合は在庫の滞留日数管理がマニュアルでは困難でありシステム化が必要となる。
リール部品は必ずリール単位で部品が出庫され、あまった部品が戻ってくる為、数量管理が困難である。 部品や資材などを管理する為に手書きの在庫管理表(棚札)を利用しているが、記入ミスや読み間違えによる欠品が多発している。
イラスト
詳しくはこちら
イラスト
詳しくはこちら
イラスト
詳しくはこちら

インターストックの導入で解決します!

改善ポイント

材料在庫の滞留基準年齢を設定し、その基準年齢を過ぎた資材をアラートで一覧表示するなどのシステム管理が必要です。

【在庫エイジング管理機能】
部品ごとに基準年齢を設定することができます。基準年齢を過ぎた部品、もしくはもうすぐ過ぎそうな部品を一覧表示し、効率的に管理することが可能となります。

在庫の経過管理が楽!!だからインターストックの在庫管理システムが選ばれています!


改善ポイント

リール部品は入庫時と出庫時の数量単位が異なる為、リールカウンタ等を利用するのも作業効率をUPさせる為有効手段です。

【部品単位自動変換機能】
リール部品など、入庫時と出庫時で数量の単位が変わる部品については、部品の単位自動変換機能が大変便利です。あらかじめ部品マスタにリール単位の数量を登録しておくことで、入荷時はリール単位、出庫時はバラ単位で入力することができます。

入出庫管理が効率化!だからインターストックの在庫管理システムが選ばれています!


改善ポイント

部品や資材の手書きによる在庫管理表(棚札)は在庫が合わなくなる大きな原因の一つです。極力現場での手書きによる管理は撤廃しなくては正確な在庫管理の実現は難しいです。

【ハンディターミナルによる在庫問合せ機能】
ハンディターミナルで部品のバーコードをスキャンすることで現場で簡単に在庫の確認が行えるため、在庫管理表(棚札)を現場から撤廃出来ます。

欠品が防げ機会損失がなくなる!!だからインターストックの在庫管理システムが選ばれています!

在庫120%最適化 INTER-STOCK

Copyright © 2013 INTER-STOCK.net All Rights Reserved.