インターストックの特徴|オープンソースの倉庫管理システム(WMS)【インターストック】

インターストックの特徴

こんなお悩みありませんか?

スクラッチ開発とパッケージの中間のようなシステムを探している

国産のWMSを探している

パッケージシステムだと自社の運用に合わない

物流システムを中長期的に成長させていきたい

INTER-STOCKはパッケージシステムでありながら、
パッケージが合わないお客様向けに開発されたシステムです。

通常のパッケージ

カスタマイズ無しで
多くのユーザーに機能を提供

通常のパッケージ

  • システム硬直化
  • 短期的なリリースが目的

スタートアップ、小規模向け

セミスクラッチ

カスタマイズ前提なので
出来るだけシンプルな設計

セミスクラッチ

  • 中長期的な成長が目的
  • 1社1社丁寧にサポート

中堅企業、中規模向け

フルスクラッチ

ゼロから設計して作り込む
完全オーダーメイド

フルスクラッチ

  • 時間とコスト増大
  • ベンダーロックイン

大企業、大規模向け

セミスクラッチの場合

価格 安価 普通 ×高い
導入期間 短納期 普通 ×長い
処理スピード ×大量データだと遅い 早い 設計次第
カスタマイズ性 ×低い 高い 設計次第
運用負担 ×システムに運用が合わせる 運用に寄り添った
カスタマイズ
フルオーダー
拡張性 ×低い 高い 設計次第
追加カスタム費用 ×基本カスタマイズ不可 追加カスタマイズ費用無し ×高い
ソース公開 ×ソース公開NG ソース完全公開 契約次第
内製化支援 ×無し 内製化支援サービス ×無し
データの活用・採取 ×パッケージ機能に限定 自由に活用可能 契約と設計次第
業務変化への対応力 ×低い 高い どちらともいえない

インターストックは高い拡張性と豊富な導入実績で99.8%を超える稼働実績と短期間導入が最大の強みです。

中規模倉庫を保有し、本格的な在庫管理、倉庫管理システムを短納期で導入したい企業様が私たちのお客様です。
弊社はコンサルティング、開発、運用サポートをワンストップで提供出来る物流ソリューションに専門特化した企業です。

発注から出荷までの物流プロセスをトータルでサポート出来る物流に特化したサービスが私たちの強みです。

15年間の現場訪問から…

なかなか「倉庫・在庫管理システム」
の導入が上手く行っていない・・

従来の【倉庫・在庫管理】手法では高まる物流ニーズに対応することが困難です!

何故、在庫管理システム、倉庫管理システムの導入は
うまくいかないことが多いのでしょうか?

多くのお客様アンケートから分かったことは…
倉庫・在庫管理システムに対する間違った期待が原因であることが分かりました。

「多くの勘違い」

  • 間違った期待1
    在庫管理システムを導入すれば、
    在庫が減るはずだ。
  • 間違った期待2
    在庫管理システムを導入することで
    デッドストックや欠品が減るだろう。
  • 間違った期待3
    煩雑なロット管理も在庫管理システムを
    導入すればきっと楽になる!

これらの期待を実現する為には【倉庫・在庫管理システム】の導入について考えを
改める必要がありそうです。

今までの常識 これからの常識

INTER-STOCKなら成功する!

その理由は5つの特徴と3つのこだわりにあります。

倉庫・在庫管理システムを経営戦略に利用為に導入するシステム

Inter-Stockロゴ

3つのハッピーイノベーション

Before[ビフォー] After[アフター]
現場と経営者が数字で繋がる!

分析、導入スキル、
システムをパッケージ化!

単なる現場改善システムではありません!!
豊富な分析により経営層と現場の情報を共有する
業界初の総合パッケージです!

従来の在庫管理システム、倉庫管理システム導入の流れ

従来のパッケージシステム

  • せっかくWMSを導入しても集計機能が使いこなせない。
  • 使ってるのは在庫明細と入出荷履歴だけ。
  • WMSを導入したけど現場に合わなくて活用出来てない。
  • 在庫は見えるようになったけど、現場と合っていない。
  • ロット管理が必要になったけど、どうシステムを応用すればよいか分からない。

インターストックパッケージの導入の流れ

インターストックパッケージ

  • 全体論アプローチによる分析ツールで問題点を明確化。
  • 導入ツールでシステムの集計機能を現場で活用。
  • 導入後も分析ツールで定期的に導入効果を測定。

物流・在庫最適化のPDCAサイクルをパッケージ化!!

分析ツールにより問題点を見える化し、適切なKPI(指標値)を設定します。
問題把握から、システムの導入、運用までを効果的に管理出来ます!

  • 基幹システム、販売管理システムと現場の在庫が合わない。
  • 在庫管理システム、WMSを導入したけれど、在庫が合わない。
  • 現状のシステムだと今後の多品種小ロット出荷に対応出来ない。
  • 経営層が現場の問題を理解してくれない為、WMS、在庫管理システムの投資が後回し。
  • 導入後のお客様ニーズの多様化にシステムが対応出来ない。
  • 欠品や過剰在庫が常態化している。

ひとつでもチェックがついたお客様に朗報です!!

これからの倉庫管理・在庫管理システムは経営戦略としての導入が不可欠になります。

インターストックは導入前分析ツール、運用システム、導入ツールの3つの重要なプロセスをパッケージ化することで
業界初となるPDCAツールによりお客様の在庫最適化を戦略的にご支援いたします!

「5つの特徴と3つのこだわりをもった
 キャッシュフロー改善が出来る
 成長型戦略 倉庫・在庫最適化システム」

<5つの特徴>

5つの特徴

<3つのこだわり>

3つのこだわり