こだわりと強み|オープンソースの倉庫管理システム(WMS)【インターストック】

こだわりと強み

あなたは、そう思ったことはないですか?

中堅企業の次世代のロジスティクスシステムの構築を支援し、物流に明るい未来を!

100年に一度と言われる物流の大変革が訪れようとしています。
オンザリンクスはロジスティクス4.0時代の中堅企業の次世代のロジスティクスシステムの構築の支援を行います。
限られた労働力の下で省力化、省人化を可能にするだけでなく、企業の成長に貢献できるシステム構築です。

この未曾有の変革の時代に中堅企業は、経営統合、M&A、拠点分散、共同化を探り実行するときです。
スケールメリットを享受できる商圏の開拓、再販分離によるプロセス改革、配送網の再構築、庫内物流と配送業務の最適化のためのシステム開発を行い、省力化・省人化、コスト削減の支援を行うことで、物流の持続可能性を高め、日本経済に暗い影を落とす物流に明るい未来を開くのです。

ロジスティクス戦略の展開による競争優位実現の時代

当初は貯蔵のみが目的だった倉庫施設は、在庫保管と注文対応のための配送センターへ、さらにはクロスドックセンター、フルフィルメントセンターと大きく変貌をとげつつあります。

「ウェアハウジング」そのものが、入出荷、保管などの基本的な活動にとどまらず、マスカスタマイゼーションのための生産工程の最終仕上げや、各種の流通加工も含む形で拡大し、複雑化しています。

今日のビジネス環境においては、マーケティング戦略に加えて最先端ロジスティクス戦略の展開による、顧客サービス面での競争優位の実現がより一層企業に求められてきています。

インターストックが多くの企業に選ばれている理由

オンザリンクスはこれまで多くの中堅企業様に、業種別に特化したロジスティクスソリューションを提供して参りました。
専門性を高め、業務と親和性の高いシステムを提案するコンサルティング営業と製品開発を強みとしています。
物流現場を視察した企業は2,000社を超え、そのノウハウを生かし1社1社丁寧に弊社が独自開発した、
倉庫管理システム「インターストック」を導入させて頂いています。

導入頂いた企業の実に99.8%の企業で稼働中

オンザリンクスは決して大きなシステムベンダーではありません。
エンジニアスタッフの数は専属の開発パートナーを含めても20名弱という田舎の小さなシステムハウスです。
ですが、どこにも負けない顧客に寄り添ったシステム提案を心がけ、「インターストック」を導入頂いた企業の実に99.8%の企業で稼働し、その全てのお客様にシステムの高い効果性を満足頂いております。

小さな会社であるオンザリンクスが20年の間、システムを作ってこれたのは、オンザリンクスのシステムを導入いただいたお客様が、オンザリンクスのシステムを気に入ってくださり、オンザリンクスのことを多くの方にご紹介くださったからでした。心から感謝します。

資料ダウンロード(無料)

オンザリンクスのこだわり

セミスクラッチ型の導入

インターストックはパッケージソフトでありながら、
クライアントの要望に応えながら導入をしていくセミスクラッチ型のWMSパッケージです。
導入実績豊富なWMSパッケージソフトをベースに、クライアントへのヒアリングを通じてシステムを作り込んでいくため、
基幹システムとの連携、急激なトラフィックへの対処、マーケットの要求に応じたフレキシブルなカスタマイズなど、
中堅企業が抱える特有の問題への対処が出来ます。

一般的な
パッケージソフトだと・・・

パッケージソフトというと、おそらく多くの方がカスタマイズによる追加コストに不安を感じるのではないでしょうか?
追加コストが際限なく膨らむトラブルは、業務パッケージ導入時のトラブルの中で最も頻発するケースであり、顧客がパッケージ導入を躊躇する要因の一つとなっています。

一般的なWMS導入においては、プロジェクトの開始前に顧客の求める要件に対して必要なカスタマイズを整理し工数を見積もりしますが、不確定要素の多い物流システムにおいて、この段階であらゆる要件を想定することは極めて困難です。

WMS導入で『追加コストは頂かない』を実現

オンザリンクスはこうしたパッケージシステム導入の課題を、製品コンセプトの中核になる重要な理念「セミスクラッチ型」として掲げ、「無償プロトタイプ作成」「無償カスタマイズ」「完全オープンソース」という3つの無償サービスにより解決します。

オンザリンクスのエンジニアは、顧客と協力して潜在的な課題を特定し、適切な機能またはシステムが完成されるまで、いくつものプロトタイプ開発を行います。こうした方法を採用することで、顧客企業とのパートナーシップをさらに拡大していきます。

また、顧客の事業成長に関わる内部環境変化や市場や顧客ニーズによる外部環境変化に対しても、一般的には顧客が追加コストを負担することになります。
当社は、お客様と同じ立場に立ち、ビジネスの成長に貢献するために、システムが安定稼働して当初目的を達成するまでは、当初予算に対して追加のコストを頂かない方針です。

オンザリンクスの強み

オンザリンクスが開発する
製品コンセプト

収益性を最大化し、
ビジネスの成長を高める。

倉庫、配送、店舗の効率性を高め、利益やキャッシュフローの改善に
貢献する業務システムの独自開発を強みとしています。

国内物流が抱える多くの課題

  • 物流ニーズの多様化
  • 小口配送
  • 多品種少量出荷の増加
  • 労働力不足

日本の物流は欧米企業に比べて、標準化がされていないと言われています。
かといって、すべてを標準化すれば良いかと言えば、そうではありません。
物流は顧客サービスに直結する領域です。自社の強みを表現するには最適なのです。

オンザリンクスが課題を解決できる理由

  • 広範囲で複雑な物流を最適化
  • 市場や需要の変化に柔軟に対応
  • 何度でも繰り返し、革新できるようサポート

オンザリンクスのソリューションを利用することで、企業は業務革新、顧客満足の向上を支援するテクノロジーを手に入れることができるのです。

オンザリンクスの追求と挑戦

CHANGE THE LOGISTICS

をスローガンに、「一貫性」のある効果性の高い物流システムを提供することが、オンザリンクスのミッションであり、その追求と挑戦こそが、お客様から選ばれる最大の強みです。

物流は多くの部署やデータが介在し、情報が網の目のように張り巡らされた領域なので、最適解を見つけることが難しいです。
だからこそ、従来のデータをより有効に活用して、物流の見える化を図り、輸送や在庫管理の最適化や新しい付加価値サービスの創出につなげていかなければなりません。

日本の商習慣に対応できる国産のWMSパッケージを追加コストを頂かない「セミスクラッチ型」で提供するビジネスモデルで、日本企業のロジスティクスを世界水準に押し上げる挑戦をしています。

物流システム(倉庫管理システム、在庫管理システム)に関するお問い合わせ

もし、「インターストック」のこだわりや開発コンセプトに興味を持たれましたら、お気軽にご相談下さい。オンザリンクスは、物流に課題を抱えているすべての方にとって身近なベンダーでありたいと思っています。

お問い合わせいただく際は、メールでもお電話でも大丈夫です。また、必要に応じて、出張もさせて頂きます。

資料ダウンロード(無料)