フリーダイヤル0120125308

現場の課題から生まれた機能
現場の課題から生まれた機能 其の四
SNP-QRラベル発行機能

現場の課題:同じアイテムでも収容数が異なる場合、収容数を手入力する作業が煩雑でミスも発生している。

同じアイテムで荷姿(梱包サイズ)が異なり、収容数が違う場合があります。この場合、ハンディターミナルで商品バーコードをスキャン後、収容数を数字キーで手入力が発生します。INTER-STOCKではこうした作業を軽減するため、SNP-QR発行機能を実装しました。

入荷時に一度だけ、収容数を入力して収容数の入ったQRバーコードを発行して貼り付けすることで、その後の出荷作業や、移動、棚卸時にはQRコードをスキャンするだけで収容数が自動的にインプット可能になります。

4コマ漫画で分かる[SNP-QRラベル発行機能編]

  • before
  • after

SNP-QR ラベルのイメージ

ラベルのイメージ
  • 現場の課題から生まれた機能>>
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6